【目次】

インプラントと差し歯は違う歯科治療

インプラントと差し歯は混同されることが多いようですが、治療方法に明確な違いがあります。
インプラントは歯がないところにインプラント体であるチタン性のネジのようなものを歯の根の代わりに入れる治療方法で、アゴの骨にインプラント体を埋め込みそれを人工の歯の根としてその上に人工の歯をはめ込む治療方法です。
インプラント体を歯の骨に埋め込む工程・はめ込む工程・材料費すべて自費診療となりますから比較的費用面での負担が大きくなる治療法と言えます。
しかし他の歯に負担をかけることがない治療方法で、見た目がより天然の歯に近い、使い心地の良いものです。

インプラントは手術を伴います。
手術の流れはメスで歯茎を切ってアゴの骨が見えてきたところで人工の歯根を入れるためドリルで穴を開け、そこに人工の歯根であるインプラントを埋め込みます。
この人工の歯根が骨に馴染む目安は3~6ヶ月で、この間は仮歯や入れ歯を入れます。
アゴの骨とインプラントがしっかりと結合したことが確認されたら、その上に人工歯を取り付け終了となります。
ケースによりますが治療期間は少し長くなる傾向があります。

差し歯は歯の上の部分が虫歯などで失われてても、残った歯の根部分に金属やプラスチックでできている土台を入れて被せ物をする治療方法です。
インプラントと違い、自分の歯の根を残せることが利点となりますが、保険適用で使うことの多い金属製の土台は入れた歯を破損させてしまう原因となることが多いようです。
比較的身体に優しい土台もありますが、これは保険適用外となることが多く、費用が高くなってしまうようです。
差し歯の治療が可能なのは、まだ歯の根に土台を入れられることと、歯として使用できることが条件となり、抜歯しなければならない状態なときや、歯がない状態では差し歯にできない状態と言えます。
差し歯にはいろいろな種類があって、保険診療のときは硬質レジンという材質でできた人工歯を使用します。

レジンはプラスチックの一種です。
これは金属の被せ物なのですが表面に硬質レジンを貼り付けて白く見えるようにしたものです。
保険適用は前歯・犬歯だけですので、奥歯には適用できません。
割れにくいという特徴があり費用を抑えることができますが、長年使用していると少し黄ばんでくることと、金属アレルギーがある方には使用できないことがあります。
他に自由診療となりますが金属の被せ物にセラミックを焼き付けて白く見せるものもあります。
これはインプラントでも使用されることがありますのでインプラントと差し歯を混同されるのは、このことがあるからかもしれません。
セラミックは陶磁器ですから長年使用しても削れにくく寿命は長いのですが、限界を超えた衝撃を受けると割れやすいという特徴があります。

関連記事