【目次】

マウスピース?ワイヤー不使用の矯正歯科の歯列矯正方法とは

乱れた歯ならびは見た目の問題だけではなく、虫歯や歯周病になりやすかったり滑舌に影響がでたり、顎や体に無理な力がかかったりといろいろデメリットがあります。
ですので、歯並びはできることなら治しておいたほうが理想といえます。
歯ならびを整えるには、矯正歯科で歯列矯正をおこなうのが有効です。
歯列矯正というと金属製のブラケットとワイヤーを使用するのが今までは一般的だったのですが、最近ではプラスチック製の透明なマウスピースを使用して歯列矯正するインビザラインが注目を集めています。

インビザラインは透明なマウスピースを歯にはめるだけで、歯を無理なく綺麗に整えることができるので、金属製のブラケットとワイヤーの歯列矯正に比べると、ほとんど周りに目立つことなく歯を矯正することができます。
またマウスピースなので、食事や歯磨きのときなど、取り外したいと思ったときにいつでも自由に取り外すことができるというのも大きなメリットです。

インビザラインの制作方法は、まず矯正歯科で顔と口腔内の写真撮影をし、インビザライン制作国から米国のアライン社に歯型情報を発送します。
それから歯をどういう風に動かすかシュミレート後、その治療計画をもとにインビザラインを作っていきます。
こういった工程を経てインビザラインがクリニックに到着します。

数ある歯列器具の中でも、インビザラインの装着感は良いといわれています。
多少の圧痛感などはありますが、最初に違和感を感じていた人でも、すぐに慣れていくという人がほとんどのようです。
矯正治療期間は1年から2年と長期になるので、装着感というのは歯列矯正をするうえでも軽視できない点です。

インビザラインに類似の矯正方法で、クリアアライナーを使用した歯列矯正方法もあります。
クリアアライナーもインビザラインと同じような形をしたマウスピースです。
違いは、インビザラインは口腔内にあるすべての歯が歯列矯正の適応範囲となりますが、クリアアライナーの矯正の範囲は、前歯の部分のみとなります。
ですので、前歯だけ整えたいという人に適しています。

近年では口元に対する意識の高まりから、歯並びを良くしたいと希望する人が増えてきています。
仕事の都合上、今までなかなか歯列矯正をおこなえなかった、という人でもインビザラインなら目立たずに歯列矯正をおこなうことができます。
インビザラインはまさに画期的な歯列矯正といえるでしょう。

関連記事