【目次】

歯肉炎の初期症状とは?最終的には歯周病になる

歯磨きをしていて出血があるという経験をした人は多いでしょう。
健康な状態では血が出ることはありません。
歯磨きの刺激によって血が出るというのは、歯茎が腫れている証拠です。
歯茎が腫れていることを、歯肉炎と呼びます。
歯肉とは歯茎のことなので、歯茎に炎症が起きているという意味です。
歯肉炎は、炎症が歯茎だけに限局した状態で、きちんとした歯磨きによって健康な状態に戻ります。

しかし、歯磨きの際の出血もいつものことだからと放置していると、悪化してしまい歯周病につながってしまいます。
歯肉炎は歯周病の初期症状と呼ぶことができます。
歯肉炎の原因は、歯を磨かなかったことによって細菌が出すプラークです。
プラークは白く、ネバネバした状態で歯の表面に付着しています。
歯ブラシで擦れば落ちますが、放置していると固くなり、歯石になってしまうと歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。

プラークは細菌が集まったもので、代謝物として酸性の物質を排出します。
酸性の物質は歯茎が腫れる原因となり、歯肉炎となります。
初期症状では、歯茎が腫れる以外に痛みはなく、自覚症状はとても少ないです。
この段階で治療をすれば、健康な状態に戻ることができますが、放置してしまうと歯周病と言って、歯茎だけでなく、歯を支えている骨にまで炎症が進んでしまいます。

口の中の病気というと、虫歯を連想します。
けれども、日本人の多くが歯を失ってしまうのは、虫歯ではなく歯周病が原因です。
歯周病は成人の80%がかかっていると言われるほどの国民病ですが、そのほとんどの人が自分が歯周病であるとは考えていません。
少し前までは、歯周病のことを歯槽膿漏という呼び方もしていました。

歯周病は歯茎が腫れるだけでなく、歯を支える骨が溶かされてしまう病気です。
歯に問題がなくても、支える骨がなくなってしまうと、歯が浮いたような状態や、グラグラした状態になり、やがて抜け落ちてしまいます。
歯周病も痛みがないままに進行する病気ですが、症状が悪化することで口の中に出血だけでなく膿も出るようになり、口臭もひどくなります。

歯周病にならないためには歯肉炎だと気づいたらすぐに治療を受けることが大切です。
歯肉炎の初期症状は、歯と歯の間の歯茎が腫れるというものが一般的で、歯磨きの出血も気づきやすいサインになるでしょう。
お口の中の健康を守るためには、日頃からのケアが欠かせません。
歯磨きをしっかりするだけで、腫れの状態は大きく変わります。

関連記事